Chrome Osを中古ノートPCで動かす(環境編)

1.動作するパソコン
 Chrome OSを起動できるパソコンは、IBM系の中古パソコンがおすすめです。

IBM(Lenovo) (1週間保証B品)ThinkPad X61s 7667-DB9
↑こちらから動作可能のパソコンが格安で手に入ります。
USBでブート出来るパソコンであれば他にもありますがIBM(レノボ)のパソコンでしたら間違いないでしょう
すでにノートパソコンがある場合は、一度試して見てください。

2.USBメモリ
 USBメモリは、4Gあれば使えますので1,000円程度の手ごろなものを利用ください。
 私の場合は、ヨドバシカメラで8Gの最小のUSBメモリを買いました。
 小さいことで付けっぱなしでも使えるので満足しています。

3.WIFIなどのインターネット通信環境
 クロームOSは、インターネットが繋がる環境でないと動きませんので
 外で使う場合は、WIFIなどが繋がる環境が必要です。

 スマートフォンを持っている人は、テザリングという方式を使って繋げる方法もあります。
 安いSIM に変更することで毎月の使用料が安く済みデザリングも行うことが出来ます
 >>@niftyから得するスマホ「NifMo」新登場! <<

3つの環境を揃えることで外でもクロームOSが使えるようになります。
家などで使う場合は、LANケーブルを繋くことで使えます。

以上で環境編は、終了となります。

いかがでしたでしょうか?
これで環境は、整いましたので次のステップとしてインストールから設定までをメニューに追加しましたので
次はメニューの設定編よりお進みください